エキセントリックトレーニングマシーンで楽に健康で暮らしたい


筋肉を鍛えるには

フレイルにならないように、筋肉を鍛えることが必要です。

でも筋肉を鍛えるのはつらいですよね。
楽にできないかと
考えました。

筋肉トレーニングには、2種類あります

筋肉トレーニングには
2種類あって
コンセントリックトレーニングと
エキセントリックトレーニングがあります。

例えば
バーベルを持ち上げる時は
コンセントリックトレーニング
降ろすときは
エキセントリックトレーニングになります。

誰かに
手伝ってもらわない限り
どちらかだけを
行うのは
無理です。

エキセントリックトレニンーグのみをする器械を開発

そこで
誰かを
器械にやらせてしまおうと
考えました。

普通に考えると
電子制御のモーターで
動かすのでしょうが
なにぶん電子機器についての
知識がありませんので
電磁リレーを使って
エアシリンダーを
コントロールする
機器を作りました。

トレーニングマシーンで
ワイヤー式の
機器なら
どんなものでも
コントロールできます。

エキセントリックトレーニングマシーンはワイヤーでウエイトを持ち上げるタイプ

例えば
ウエイト(重り)につながる
ハンドルを
持ち上げる
動作について
簡単に機器を
説明します。

エキセントリックトレーニングマシーンの動作概要

  • ハンドルを持ち上げるようとすると
    ウエイトに直結した
    バネに伝わります。
  • バネが伸びて
    リミットスイッチがONとなり
    エアシリンダーの
    電磁バルブが
    開放して
    エアシリンダーが伸びて
    ウエイトを
    持ち上げます。
  • エアシリンダーの
    力を借りながら
    ハンドルを持ち上げます。
  • ハンドルの
    持ち上げを
    やめると
    ワイヤーの先の
    バネが
    縮んで
    リミットスイッチがOFFとなって
    エアシリンダーの給気電磁バルブが閉になって
    おもりも
    停止します。
  • 同時に排気バルブの電磁バルブが
    開になってエアシリンダー内の
    高圧エアが
    排気されます。
  • 排気の度合いによって
    ウエイトの落下速度も
    調節できます。
    落下に合わせて
    トレーニー(筋肉トレーニングをする人)は
    力を出して
    ウエイトが落ちないように
    抵抗します。
  • ウエイトが最後まで
    落ちると
    リミットスイッチが働き
    初期状態に戻ります。

こんな器械を
2021年8月に作りました。

エキセントリックトレーニングマシーンは設定もできます。

69歳の私も
できたその日から
その
エキセントリックトレーニングマシーンを
使って
トレーニングをしました。

いろんな設定をして
いろんな使い方をすると
いろんな使い方ができることがわかりました。

エキセントリックトレーニングマシーンは
次の設定・調整ができます。
主なものは次の3点です。

  1. ウエイトの設定
  2. ウエイトが上がる速度の調整
  3. ウエイトが下がる速度の調整

あまり関係がありませんが
次の設定もできます。

  1. エアシリンダーの初期飛び出しを防ぐ設定
  2. ウエイトが戻った時に飛び出しを防ぐ設定

もう1点使っていて
便利かなと思って
次の設定もできます。
・エアシリンダーの動きはじめを
ハンドル等の操作ではなく
フットスイッチまたはハンドスイッチで行う方法もできます

エキセントリックトレーニングマシーンの使い方

以下は私の使い方で
個人的感想です。

エキセントリックトレーニングマシーンは

  • 私の体力に合わせて
    ウエイトを設定する。
  • 私の体力以上の
    ウエイトに設定する。

ができます。

どちらが
筋肉トレーニングに最適かは
私にはわかりませんが
それぞれしてみて
の感想です。

体力に合わせてウエイトを設定するやり方

例えば
ベンチプレスで持ちあげできるウエイトは
たぶん30kgが限度でそれも
1回しか無理だと思います。

20kg程度なら
数回
15kgなら10回ぐらいでしょう。

こんな体力で
ウエイトを30kgに設定して
エキセントリックトレーニングマシーンを使うと
どうなるでしょうか。

1回目は
30kg近く出して
そのあとは
20kg
15kgと
減量していくと
筋肉トレーニングに
ふさわしい
10回から20回程度できるのではないでしょうか。

このように
設定を変えなくても荷重を小さくできます
途中本当に力がなくなっても
バーを放しても
ゆっくりと落ちるから
安全です。

下記の方法と
結果は同じだけど
あまり大きな力を出して
ケガをしない
やり方です。
上がる速度と排気スピードは
やや遅い目で
設定します。

体力に越えてウエイトを設定するやり方

同じ体力だけど
60kgに
設定して
エキセントリックトレーニングマシーンを
使うと次のようになります。

この場合は
必ず
排気スピードを
遅く設定します。

同じように
1回目は
30kg近く力を出して
そのあとは
20kg
15kgと
減らしていきます。

上とほとんど変わりませんが
体力がわからないときは
この方法が
いいかもしれません。

体力の80パーセントでウエイトを設定するやり方

筋肉を増強するためには
最大体力の70-80パーセントで
10回程度する方が
いいそうです。

そこで
体力の
80パーセントに
ウエイトを
設定して行いました。

ウエイトを
降ろすときは
ゆっくりと下ろすと